ビフィズス菌の特徴と種類

ビフィズス菌の特徴と種類

ヨーグルトに含まれていることで知られているビフィズス菌。

腸の調子を整える印象がありますが、その効果を与えるビフィズス菌って一体どんな特徴があるのでしょう?

その菌は乳酸菌の中まで腸内に存在し、善玉菌にあたるものです。

酸素を嫌う傾向があるため、酸素がほとんどない大腸内にいます。

酸素が嫌いと言っても、乳製品の中で死滅することもなく、多くのヨーグルトでは、酸素があっても発酵する働きがある乳酸菌がビフィズス菌と一緒に使用されます。

この乳酸菌が発酵することにより原料である牛乳の中を酸素の無い状態に近づけるようにし、発酵に適した状態が作られているのです。

また、市販されているヨーグルトが入っている容器の多くに、酸素を通しにくいものを使用するなどの工夫がされているようです。

ビフィズス菌というの何だか複雑な特徴を持っているのですね。

人間の体に必要なものなのに、酸素を嫌う特徴があるなんて不思議ですね。

特徴をきちんと把握して上手に摂取するようにしましょう。

現在、ビフィズス菌はおよそ32種類に分類されています。

そのうち人間の体内にいることが確認されているのはおよそ10種類ほどです。

そのなかでも代表的な菌を調べてみました。

1つ目はロングム菌。

多くのヨーグルトに使用されているのがこのロングム菌です。

大腸まで届き、善玉菌を増やしてくれたり悪玉菌を減らす働きに大変優れている特徴があります。

2つ目はアドレスセンティス菌。

成人の腸に住んでいるもので、ビタミンを合成する作用があります。

3つ目はブレーベ菌。

赤ちゃんの腸内に住んでいる中でも、最も多く占めている菌で、赤ちゃんの為に必要な抗アレルギー作用が高いのが特徴です。

4つ目はビフィダム菌。

世界で初めて発見された菌で、ビタミンB群を生成する働きや肥満の方には嬉しいコレステロールを吸収する働きもあります。

他にも様々な種類のビフィズス菌があり、人の腸内に住んでいるビフィズス菌は人によって様々です。

どういった作用や特徴があるのか知りたい方はよければ調べてみてください。

ビフィズス菌の働きを見る

ビフィズス菌をサプリで摂ろう

近年、ビフィズス菌が入ったサプリメントが様々なメーカーから出ていますね。

どれを選んだらいいのかわからない人も多いことでしょう。

良いサプリメントを選ぶために、まずビフィズス菌をサプリから摂るメリットをご紹介します。

ビフィズス菌というのは腸の中に住む善玉菌のほぼ全てを占めるとても重要な最近であり、乳児の頃が最も多いのですが、年齢と共に減ってしまいます。

更に、日常生活の様々な影響で腸内の善玉菌が増えてしまい、菌の減少へと繋がってしまうようです。

なので、食品で摂取する必要があるのです。

食品を通して摂取したものは数日かから数か月間腸にとどまり続け、善玉菌として活躍してくれます。

ですが、いずれは排出されてしまうので、毎日少しずつ摂っていくことが大切になります。

その方法はヨーグルトなどで補うという方法もありますが、手軽に摂れて携帯できることもできるサプリメントがお勧めなのです。

口に含んで飲み物で流し込むだけなので乳製品が苦手といった方でも摂取しやすいのでお勧めです。

ビフィズス菌はサプリメントで摂るのが簡単に摂れるのでお勧めなのですが、より多く摂るためにもたくさんあるサプリメントから良いものを選ばなければなりません。

その為にも注目すべき部分を調べました。

様々なメーカーが研究や開発を重ね、生きたまま大腸まで届けるビフィズス菌を見つけ、活用しています。

そして現在、人間の腸内に約10種類のビフィズス菌が確認されていますが人によって違うようです。

その為にも、サプリメントで摂取したものと自分の腸内にいるものとの相性もあるので、2週間毎日飲み続けて、調子を確認しながら探すと良いでしょう。

次に重要なのは自分にとって飲みやすい形や風味をしているかも重要です。

長く飲み続ける為には自分が毎日無理なく飲めるというのも大切です。

特に錠剤が苦手という方もいらっしゃるかと思うので、そういう方は粒が小さいものを選ぶと良いですね。

そして最後に食品添加物不使用なものを選びましょう。

毎日飲むものなので保存料や着色料を使ったものだとどうしても人体に良くありませんのでしっかりチェックしましょう。

きちんと見極め自分に合ったものを選んでくださいね。